プチさんぷる リーメント手土産 和菓子
全エントリ記事の一覧はこちら

こたつ出してほっとする和食のごはん。1年待ちの暮らしの道具【小さな台所の日常】

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 実家に帰る気分になれる。ぷちサンプルシリーズの新作ミニチュア

  • ヤフオク! -「リーメント和sweets」の落札相場・落札価格

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 見た目がキュート!ちょっとした手土産にぴったりなミニチュアお菓子3

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

  • 実家に帰る気分になれる。ぷちサンプルシリーズの新作ミニチュア

  • 2022年最新】リーメント 和菓子の検索結果 - メルカリ

【 緊急――― 】
な、な、なんと。慰安婦問題は「北朝鮮」! ! と日韓の左翼が仕掛けた、日韓分断のためのフェイク報道プロパガンダ作戦だった……

(DHCテレビ 10月19日放送回より)  

【実感】それにしても、本質は同じことでしょうが… 話題の「デマ川徹」の出演を喜ぶ視聴者に頼らないと、やって行けない、と判断した某地上波モーニングショーも悲惨(どん詰まり)ですね。

※           ※           ※
※           ※           ※

 
 
< 当初、天守のデザインに幅広いバリエーションがあったのは、
  要は“カンブリア爆発”なのでは…… >

 
 

RE-MENT Convenience store リーメント いつもぞばにはコンビニ 全8種類ミニチュア紹介

さて、前回は  

実に分かりやすい比較の例。→ 藤堂高虎時代の宇和島城天守(手前)と、
江戸幕府の統制が進んだ頃の、伊達宗利時代に再築の現存天守(奥)

(※ 株式会社ジーン xeen Inc.様のVR・AR紹介サイトからの引用画像)

 
このように天守のデザインに大きなバリエーションが生じた「動機」として、おなじみの西股総生先生は、
(『歴史群像』No.163 2020年10月号「天守の軍事学」より)
では何がバリエーションの原因になったか?と申せば、私自身は非常にまじめに、決して比喩(ひゆ)等でなくて、言わば科学的な「原因分析」のつもりで、申し上げるのですが―――

古生代「カンブリア紀」の海中には、
不思議な姿や形の生物が一気に出現した…


※ご覧の画像は長渕剛 LIVE ´93 JAPAN ツアージャンパー MA1 長渕>より /
カンブリア爆発の代名詞、体長1mの恐蟹(きょうかい)類のアノマロカリス(Anomalocaris)など


私は生物にはド素人ながらも、どんな生き物がいたかをネット上で見ていますと、意外に面白くなってしまい、この際は、少しでもその多くをご紹介しておきたく思いまして…今では実在が確認されているオパビニア(Opabinia)



細長い脚(あし)?棘(とげ)?の葉足動物、ハルキゲニア(Hallucigenia)の化石


同じく葉足動物のアイシュアイア(Aysheaia)の3D復元画


「歯のなぞなぞ」との名がついた軟体動物、オドントグリフス(Odontogriphus)


近年ようやく軟体動物と見なされたウィワクシア(Wiwaxia)の化石


ギリシャ語の「忌まわしい」に由来する名のパンブデルリオン(Pambdelurion)
の復元画 Via @Jack Gordon.



雲南省で化石が見つかった古虫動物、ユユアノズーン(Yuyuanozoon)




そして新発見の「五つ目」のエビ【新品 2枚セット 梱包未開封】アラビア ルノ フロストベリー オーバルプレート>より)
これの発見は、太古の生物が現代の生物にない様々な特徴をもつ「謎」を
解きあかす糸口として、期待されているらしい。

 

効果(や評判)を慎重に確かめつつ「進化」している時間が無い、といった天守もまさに、天下統一という激動期に出現した、日本固有の建築だからこそ…

(名古屋市博物館蔵『築城図屏風』より / 見やすく色彩等を調整しています)

…… ご承知のとおり、天守という建物は、ごく短い期間に「誕生」から「普及」、そして江戸幕府による「統制」までを、猛スピードで変遷したことが知られています。  
 
   天守のバリエーション増大に拍車をかけたのかも?… との独自の見立て >

 
 
 
そこでもう一言、是非とも加えておきたいのが、当ブログで触れた二条城天守の「木子家指図」の一件(→ 天守の初重と上層部分を「殿主」「天守」と書き分けていたこと!)を踏まえた、この問題へのアプローチでしょう。



↓        ↓        ↓

どういうことかと言いますと、木子家指図の書き分けを昨年の記事のように解釈すれば、いちばん最初に「天守」と呼ばれたのは、おそらくは城主の御主殿の屋根上に上げた「望楼部分だけ」“混乱の元凶”になっていたのかもしれない!…と思えて来るからです。

 

※当サイトはリンクフリーです。 にほんブログ村

 
banner

Visits since 2008